上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 旧直江津銀行 4月6日から一般公開

旧直江津銀行 4月6日から一般公開

2019年03月13日 10:00更新 - 1週前

ライオンに会いに行こう!

上越市中央3にある旧直江津銀行の建物がこのほど改修工事を終え、「ライオン像のある館」として4月6日(土)から一般公開されることになった。

Still0312_00003

「ライオン像のある館」は明治40年、130年ほど前に建てられた。建物は所有者の高達倉庫が10年前、市に寄贈している。その後、2年ほどかけて耐震工事などが進められ、このほど完成した。

 

Still0312_00010

改修工事では古くなったレンガ塀を一部残して取り除き、内装外壁と共に建築当時の漆喰(しっくい)壁に仕上げた。

Still0312_00004

旧直江津銀行は明治28年の発足、現在の中央2丁目にあった。大正に入って間もなく、銀行が経営不振で解散すると、高橋回漕店が取得し、現在の中央3丁目に社屋として移した。当時全国の主要都市で建てられた擬洋風建築として上越市で最も古い。ライオン像は移築の際に鬼門除けとして玄関に設置されたということ。

Still0312_00001

銀行当時からの金庫のほか、当時の木製カウンターやドイツ製の扇風機も残っている。時計は今回動くように修理された。

Still0312_00008

Still0312_00007

旧直江津銀行の建物は、上越市文化財調査審議会が市の文化財に指定するよう答申していて、今月26日には指定される見込みだ。

上越市文化振興課の大友康弘さんは「洋風の木造建築では上越で最も古い。今後はうみがたりの来館者の立ち寄り所になるように情報発信していきたい」と話している。

Still0312_00000

4月6日(土)の一般公開に先立って、3月21日(木・祝)と23日(土)には地域の方向けに内覧会が開かれる。

旧直江津銀行「ライオン像のある館」
■開館期間:4月~11月の土日祝/12月~3月は三八の朝市が開催される土日祝
■開館時間:10:00~17:00
■入館料:無料
■問合せ:℡025-526-5111(市文化振興課)

※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間12日 19:00~18日 19:00まで) 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 3月25日(月)6:30より配信