1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 釈迦の命日 大嚴寺で伝統の「だんごまき」

釈迦の命日 大嚴寺で伝統の「だんごまき」

2017年02月15日 14:53更新 - 2週前

だんごまき2

仏教の開祖、釈迦の命日におこなう伝統行事「だんごまき」が、上越市寺町3丁目の大嚴寺(だいごんじ)でおこなわれた。

「だんごまき」は釈迦を偲び、ご利益を分け合うため毎年、釈迦の命日の2月15日に行われている仏教の伝統行事。今年も寺に隣接する明照幼稚園の園児が参加し、にぎやかに行われた。
だんごまき3

大厳寺の住職  佐藤信明(さとう しんみょう)さんは、釈迦の死が描かれた絵画「涅槃図(ねはんず)」を前に、園児にだんごまきの由来を説明。「だんごまき」は釈迦を火葬した灰を弟子たちが形見としてだんご状にし、分け合ったことが由来だと伝えられている。

だんごまき4

このだんごを食べると一年間無病息災で過ごせるともいわれ、園児は「だんごまき」の掛け声に合わせてまかれただんごを拾いあげた。

だんごまき5

「だんごを食べて、元気に楽しく過ごしたい」と笑みを浮かべる園児。住職も「子どもたちが一年間元気に過ごせることが一番」と健やかな成長を祈っていた。

Print
※2017年2月15日 ニュースLiNKで放送 初回18:30~

Copyright (C) 2016-2017 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る