上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

夏まつり
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 地域を盛り上げ16年!~雁木通りまつり

地域を盛り上げ16年!~雁木通りまつり

2018年09月30日 19:04更新 - 10か月前

上越市南本町で、恒例の「雁木通りまつり」が、きょう30日に行われ、たくさんの人たちで賑わった。

 会場

このお祭りは、16年前、南本町小学校の4年生が「このまちに元気がない、雁木通り元気にしたい!」と提案したことがきっかけで始まった。町内会を中心に、地元の小中学校や事業所なども運営に加わり、今では3000人が訪れる地域の一大イベントとして定着している。会場にはたくさんのお店が並び、南本町小学校の5年生が売り子として手伝いをしたほか、2年生も手作りの遊び場を設けるなどし、祭りを盛り上げていた。雁木通り3雁木通り8

まつりの目玉となっているのは、仮装大会。今年も、地元企業や、学校・保育園の先生など6つの団体が参加し、工夫を凝らしたパフォーマンスで会場を沸かせた。審査の結果、南新町保育園の職員による「バブリーダンス隊」が優勝した。雁木通り6

また、今年は、アート着物の魅力を発信しようと活動している団体「上越をわくわく楽しみ隊」による「おいらん道中」が初めて行われ、美しい着物姿で会場を魅了した。雁木通り2

まつりの仕掛け人で実行委員会の事務局も務める本城文夫さんは、「長野県の企業も参加するなど地域を超えた広がりを見せている。これも16年間継続してきた結果。地域の活性化のために3世代が交流する、そして、雁木のよさを残すことがまつりの意義。次世代の子ども達に伝統としてつなげていってもらいたい」とまつりへの思いを語った。

てるてる坊主

台風24号の影響も心配されたが、まつりは雨に打たれることもなく滞りなく終了した。これも、小学生が400個近いてるてる坊主を作り天気を願ったおかげかも知れない。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 7月24日(水)6:30より配信