1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 好きこそが選手生命!ハイシニア野球交流大会

好きこそが選手生命!ハイシニア野球交流大会

2018年09月13日 18:32更新 - 2週前

75歳以上がプレイするシニア野球の北信越大会が13日、上越市で開かれ、6チームが元気いっぱいに対戦した。

180913_ハイシニア野球大会1 

 この大会は、年を重ねても野球を愛してやまない人たちの交流の場として4年前から、毎年この時期に上越市で開かれている。出場資格は75歳以上で、新潟、長野、富山、石川の各県から6チーム、およそ150人が出場した。 

このうち、新潟Bチームには、上越から3人が参加している。すべてのチームが2試合をこなす決まりで、新潟Bチームは2試合目に富山Bチームと対戦した。

試合は序盤から新潟Bがヒットと相手エラーに乗じて得点を重ねた。7対2と5点リードした4回表からは上越の丸山明人さん(76)がマウンドに。立ち上がりで3点を失うも、それからは後続を断ってリードを守った。

180913_ハイシニア野球大会2

その裏には上越の勝島寅一郎さん(79)が代打で登場。ショート強襲のヒットを放って丸山さんを援護した。

180913_ハイシニア野球大会6

結局新潟Bチームが10対5で富山Bチームを下した。

勝島さんは「昔75歳といえばおお年寄りだが、まだまだ若いものに負けない気持ちで頑張った」

丸山さんは「みんな野球が大好き。体の続く限りがんばりたい」と話していた。

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る