1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 上越消防合同庁舎 安全祈願祭 2020年3月運用開始

上越消防合同庁舎 安全祈願祭 2020年3月運用開始

2018年04月13日 16:35更新 - 6か月前

180413_消防 安全祈願祭2

上越消防本部と上越北消防署は、それぞれ現在の場所から藤野新田に新しい庁舎をつくり、移転することになった。13日は建設工事を前に安全祈願祭が行われた。

180413_消防 安全祈願祭1

 合同庁舎はリージョンプラザ上越の近くに建設される。現在、消防本部は北城町、上越北消防署は春日新田にあるが、この移転によって上越インターチェンジが近くなるなど、上越市全域に対するより機動力の高い消防活動ができると見込まれている。

180413_消防 安全祈願祭

建設事業費は約41億円。新しく建てられる新庁舎は免震構造の5階建て、消防車や特殊車両など23台が配備される予定。また庁舎の近くには関川があるが、洪水で氾濫した場合でも消防機能が低下しないよう、指令センターなど必要な機能は4階に設置される。

180126_JES_jisshi_EL

災害などの緊急対応として、北消防や南消防になかったヘリポートも新設される。この他、敷地内には、訓練棟が3棟建設される。ビルや住宅での消防訓練の他、山岳救助訓練ができる施設も設置される。

上越地域消防事務組合の伊藤公雄 消防長は「管内の災害にいかに迅速に対応できるか、十分ふまえたつくりになっている。消防職員の活動しやすいスペースと市民のための教育スペースが十分備わっている」と話した。

新庁舎は来年12月に完成し、翌年の3月から運用が開始される予定。

180126_JES_jisshi_BE_A

※2018年4月13日 ニュースLiNK 初回放送18:30~

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る