1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. せなスマイルに感激!冨田選手に手作り金メダル

せなスマイルに感激!冨田選手に手作り金メダル

2018年03月14日 15:36更新 - 5か月前

平昌オリンピック  女子スノーボードハーフパイプで8 位に入賞した冨田せな選手がきょう14日、母校の妙高小学校を訪れた。

180314_冨田せな①

冨田せな選手は、妙高市立妙高小学校の出身で小学1年生の時からハーフパイプの大会に出場していた。平昌オリンピックでは初出場ながら8位入賞を果たした。きょうは、オリンピック前に全校児童から応援メッセージをもらったお礼を言いたいと、母校を訪れた。

180314_冨田せな②

交流会では、児童と一緒に給食を食べた後、大会の映像を見ながら競技のことなどを紹介していた。

180314_冨田せな④

続いて1年生が全校児童を代表して、手作りの金メダルを冨田選手に手渡した。その御礼に冨田選手は「キープオンスマイル」と色紙にサインして学校にプレゼントした。

「オリンピックでは笑顔を忘れないで、笑顔でいつづけることを目標にやってきた。笑顔を大切にしてと言っても難しいかもしれないけど、少し大人になったときに、また思い出してもらって、笑顔は大事だと思ってほしい」と。

またクロスカントリーやアルペンに取り組む児童には「大変なことも多いと思うけど、いろいろなことにチャレンジして、ひとつの目標に向かって頑張ってほしい」とエールを送った。

冨田選手は、昨日大会を終えて帰国したばかり。今シーズンはまだ国内での大会が控えているということ。

※2018年3月14日 ニュースLiNKで放送 初回18:30~

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る