1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 小正月の縁起物「ちんころ」 戌もあります!

小正月の縁起物「ちんころ」 戌もあります!

2018年01月11日 16:16更新 - 2週前

180111_ちんころ作り小正月の縁起物として古くから親しまれている「ちんころ」が上越市吉川区の菓子店で販売されている。

上越市吉川区原之町にある小浜屋菓子店では、小正月を迎えるこの時期に毎年「ちんころ」を作り販売している。「ちんころ」は、五穀豊穣や安産を願って神棚や玄関に飾られるもので、小正月の縁起物として親しまれている。うるち米の粉を練ったものを材料に、職人が一つ一つ丁寧に形作っていく。

180111_ちんころ01

大きさは4~5㎝ほどで、今年の干支「いぬ」をはじめ「ひつじ」、「うさぎ」、「さる」、「とり」、「たこ」の6種類がある。

180111_ちんころ02

吉川区では、冬に農家が作ったわら細工や民芸品などを売る節季市で「ちんころ」が売られていた。節季市はなくなったが、小浜屋菓子店では、古くから伝わる風習を守っていこうと「ちんころ」を毎年作り続けている。

店主の中村 崇さんは「昔から何十年も同じ伝統の形でなるべく形を変えず、かわいく見えるようにしている。縁起物として部屋に飾ってもらい、楽しんでいただければうれしい」と話す。

「ちんころ」は1セット6個入りで1,000円。電話予約をすれば今月いっぱい購入できる。℡025-548-2020

Print
※2018年1月11日 ニュースLiNKで放送 初回18:30~

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2017 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る