上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 清里区に空き家を利用した農家民宿「水草たなか」オープン

清里区に空き家を利用した農家民宿「水草たなか」オープン

2024年07月10日 17:47更新

気軽に田舎暮らし体験!

 

少子高齢化で人口減少が進む中、移住者を増やし交流人口を拡大しようと、上越市清里区の櫛池地区に空き家を利用した気軽に移住体験ができる農家民宿「水草たなか」がオープンしました。Still0709_00005

建物は築およそ50年の木造2階建。10年ほど前から空き家になっていました。

Still0709_00010所有者の娘  三原田逸美さん
「私の母方の祖父母が暮らしていた家。ぜひ活用して頂けるのであればと喜んで話を受けた。これをきっかけに多くの人が清里に来てくれれば……」

Still0709_00008

運営しているのは清里区で中山間地域の高齢化集落の連携支援や農地の有効活用、都市交流などを行う「櫛池農業振興会」です。都会で暮らしている人や、海外の人などに、地元の住民と一緒に清里の自然に触れたり、この地域ならではの山あいの暮らしを体験してもらいたいと考えています。

Still0709_00002

Still0709_00003

農家民宿として利用できるのは、1階部分のみで8畳の部屋が2つ、キッチンや浴室、トイレがあり、1日1組限定、最大で5人まで泊まることができます。

Still0709_00004

季節ごとに体験プランが用意されており、田植えや野菜の収穫、そば打ちなどが楽しめます。食事は、食材を持ち込んで調理する自炊型のほか、地元の仕出し店に弁当などを配達してもらうこともできます。

Still0709_00006

振興会では、3年前から交流人口の拡大に向けて、移住希望者向けに空き家の利活用を計画しています。これまでに移住を考えている首都圏の人に向けて、稲刈りツアーや農業体験を企画してきました。

Still0709_00007

櫛池農業振興会  惣塚泰次 会長
「5月に来た人には、川のせせらぎの音、カエルの鳴き声が良く、星空がきれいと言われた。農業や農村体験、豊かな自然を満喫してもらいたい」

農家民宿「水草たなか」は素泊まり一泊 大人1人4000円、時間貸しは1時間2000円で利用できます。櫛池地区には現在、20軒ほどの空き家があり、振興会では今後も空き家を有効利用して、移住を促進し、交流人口を増やしていきたいと考えています。

■問い合せ:櫛池農業振興会 TEL025-528-7131

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る