上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 妖怪から身を守る!? 防災ワークショップ/佐渡テレビジョン

妖怪から身を守る!? 防災ワークショップ/佐渡テレビジョン

2022年10月11日 14:22更新

佐渡市の両津福浦では、古くから伝わる「かっぱの詫証文」という民話をもとに、自らの地域を佐渡福浦かっぱ村と称し、歴史や文化に対する関心を深める活動に取り組んでいます。去年からは新潟大学と連携して佐渡福浦かっぱ村大学を開学し、防災や福祉の在り方を学ぶための連続講座を開催しています。
Still1013_00001今月9日に行われた今年2回目の講座では、防災と妖怪を結び付けて考えるワークショップが福浦集会場で行われ、地域住民などおよそ20人が参加しました。

参加者は初めに、民話や伝承を活用したまちづくりを研究している兵庫県立大学の高田知紀准教授から講義を受けました。その中で高田准教授は地域の危険な場所や夜道など災害に対する恐怖を子どもたちに伝えるため、古くから妖怪が存在したと説明しました。そして、災害と妖怪の密接な関わり合いについて話しました。

Still1013_00002

講義の後は集会場や加茂湖の周辺を散策し、災害時に危険が予想される場所や危険箇所などを探しました。

Still1013_00003

Still1013_00004

その後は散策で見つけた危険箇所をもとに、オリジナルの妖怪を考案して発表し合いました。

Still1013_00005

Still1013_00006 考案した妖怪が現れる場所には付箋でその名前を貼り、地域の危険箇所を示した防災妖怪マップが完成しました。

Still1013_00007

参加した高校生
「いつも通学している道だが、新しい発見が多々あった。友人にも危険な場所を教えてあげたい」

講師 高田知紀准教授
「地域が違えば危険も違う。多角的な取り組みによって住民が情報をを共有することが重要」

Still1013_00008

次回は災害への備えについて考える「非常食体験ワークショップ」を10月22日に開催する予定だということです。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る