上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 夏の牛市 餌高騰で市場価格下落/佐渡テレビジョン

夏の牛市 餌高騰で市場価格下落/佐渡テレビジョン

2022年07月08日 12:00更新

佐渡市相川地区北川内の高千家畜市場で夏の牛市が2日に開催されました。

Still0706_00000

高千家畜市場では毎年春、夏、秋の3回牛市を行っています。今回は大型和牛繁殖支援施設CBSを含む26の生産者から114頭の子牛と3頭の成牛が出品され、セリにかけられました。

Still0706_00004

山形や福島、岐阜など島外から12業者、島内から4業者のあわせて16業者が訪れ、牛の体格や血統を見ながら次々とセリ落としていきました。

セリの結果、子牛全体の一頭あたりの平均価格は前回の市よりも12万1702円下がり59万8310円でした。1キロあたりの平均単価は前回の市よりも331円下がり2282円となりました。

Still0706_00003

 

価格の下落は、ウクライナ情勢による餌の価格の高騰で、全国的に牛の購入を控える傾向にあるためだということです。

JA佐渡畜産振興課 菊地敏課長
「全国的に子牛の値段が下がっているところが大きいところで、さらに離島というハンデもあることで価格が下がったのかなと思います」

Still0706_00006

なお、子牛の最高価格は去勢の87万100円でした。

JA佐渡では、今後も購買者に良いものを提供できるよう、引き続き子牛づくりに取り組んでいきたいとしています。次回の牛市は11月2日(水)に開かれる予定です。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る