上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. うみがたり開館4周年 マゼランペンギンの魅力に迫るスタンプラリーなど開催中

うみがたり開館4周年 マゼランペンギンの魅力に迫るスタンプラリーなど開催中

2022年06月25日 19:20更新

上越市立水族博物館うみがたりが、26日(日)に開館4周年を迎えます。現在、記念イベントとして、マゼランペンギンをより知ることができるスタンプラリーなどが行われています。

Still0625_00015

うみがたりで飼育されているマゼランペンギンは、120羽以上と日本一です。施設のシンボルとして、開館当初から人気があります。

Still0625_00018

現在うみがたりでは、開館4周年に合わせ、繁殖期真っ只中のペンギンをフィーチャーしたイベントを行っています。

Still0625_00019

館内に設置されているのは、ペンギンに関する豆知識を学ぶスタンプラリーです。4つのスタンプを集めると、記念ステッカーがもらえます。

Still0625_00016

また、ペンギンミュージアムの前には、巣穴に設置されたカメラの映像が写っています。親ペンギンが入り口に立つなどして中が見えないときでも、子育ての様子や、より近い距離でヒナの表情などを見ることができます。

Still0625_00021

来館者
「うみがたりといえばペンギン。ヒナが大きくてびっくりしたが、まだまだ親にくっついていてかわいいなと。子どもも食い入るように見ていた」

Still0625_00011

ペンギン飼育担当 横澤彰平さん
「いまは繁殖期後半。すくすくと大きくなったヒナを見ることができる。だんだんと巣の外にも興味が出てきて、周りを散歩したりする姿も」

Still0625_00017

一番早く生まれたヒナ

うみがたりでことし生まれたヒナは、16羽です。5月上旬に一番早く生まれたヒナは、羽の先端のふわふわとした綿羽が抜けて、泳ぎに特化した大人の羽に生え変わり始めています。

ペンギン飼育担当 横澤彰平さん
「羽が生えてくるとプールにも興味を持ち、プールデビューするヒナを見ることができる。これからは仲間入りするヒナたちを見届けてほしい」

Still0625_00014

うみがたりの来館者は、6月末でおよそ180万人になる見込みです。コロナ禍で一時県外客が激減したものの、徐々に賑わいが戻り、現在は市外や長野県などからも多くの家族連れが訪れています。

Still0625_00010

うみがたり 村上真衣さん
「大変なこともあったが、皆さんに支えられて4周年を迎えることができた。記念イベントは、ペンギンの動きや生態のかわいらしさ、命の素晴らしさが伝わる企画になっている。より魅力を知ってもらえれば」

なお、7月10日までの(土)(日)には、ペンギン飼育担当のスタッフが、ヒナの成長や子育てについて解説するイベントも行われます。時間は、午後1時からです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る