1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 岩の原ワイン 国産ワインコンクールで部門最高賞受賞!

岩の原ワイン 国産ワインコンクールで部門最高賞受賞!

2017年08月10日 13:23更新 - 1週前

岩の原ワイン01

国産ブドウ100%のワインを対象にしたコンクールが、先月に山梨県で開かれ、上越市北方の「岩の原葡萄園」のワインが、国内改良等品種 赤部門で、最高賞を受賞した。

  岩の原ワイン03

最高賞を受賞したのは岩の原ワイン「マスカット・ベーリーA2015」。岩の原葡萄園によると、豊かな香りが特徴で、柔らかな口当たりの赤ワイン。 

コンクールは、日本ワインの品質と認知度の向上を目的に毎年行われる、日本で唯一のコンクール。12部門に分けられて審査され、15回目の今年は全国から計726本がエントリーした。

「マスカット・ベーリーA2015」は国内改良等品種 赤部門にエントリー。116本のエントリーのうち見事金賞を受賞し、最高評点のワインに贈られる部門最高賞にも選ばれた。

このワインは2015年に岩の原で収穫した日本固有のブドウ品種「マスカット・ベーリーA」から造られたワイン。2015年の平均気温は平年並みだったが、他年に比べて降水量が少ない年で、よく成熟したブドウが収穫できたということ。

同じ部門にエントリーした多くのワインが、マスカット・ベーリーAを使っていながらも、岩の原ワインが最高賞を受賞したことについて、棚橋 博史社長は「上越で育てられたブドウで造ったワインの品質が、非常にバランスの良い出来であるところが評価されたと思う」と話した。

岩の原ワインの「マスカット・ベーリーA」がこのコンクールで金賞を受賞したのは2年ぶり3回目。部門最高賞を受賞したのはヘリテイジ2013以来、2年ぶり2回目。

なお、今回のコンクールでは「マスカット・ベーリーA2015」を含め、岩の原ワインからエントリーした7本が受賞している。 

金賞・部門最高賞を受賞した「岩の原ワインマスカット・ベーリーA2015」は、来月16日から全国販売される。コンクールの表彰式は来月1日に山梨県で行われる。

 

Copyright (C) 2016-2017 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る