上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. グルメ
  3. 大地の芸術祭 地元食材を使った“新作バーガー” 6月30日に登場!

大地の芸術祭 地元食材を使った“新作バーガー” 6月30日に登場!

2022年06月07日 10:06更新

「越後妻有 大地の芸術祭2022」で提供している、三ツ星レストランでシェフを務めた米澤シェフ監修で、越後妻有地域の食材を使ったハンバーガーに、6月30日(木)から新作「妻有ポークとかぐら南蛮タルタルを使ったダンプリングバーガー」が登場します。

妻有ポークとかぐら南蛮タルタル

TSUMARI BURGER
~妻有ポークとかぐら南蛮タルタルを使ったダンプリングバーガー~

ポテト付き 1350円(税込)

これが、新登場する第2弾の「TSUMARI BURGER~妻有ポークとかぐら南蛮タルタルを使ったダンプリングバーガー~」です。

妻有ポークとかぐら南蛮タルタル断面

ダンプリングとは、ギョウザやシュウマイのことです。妻有ポークを使用したハンバーグは、見た目こそハンバーグですが、もっちりとした食感や味わいは、まるでシュウマイのよう。それを小麦の香りが立つバンズに挟み、十日町地域ではおなじみの唐辛子「かぐら南蛮」のピクルスを入れたタルタルソース、パンチの効いたてりやきソースで仕上げています。

現在、十日町市と津南町をあわせた越後妻有地域では、3年に1度の世界的なアートの祭典「越後妻有 大地の芸術祭2022」が開催されています。大地の芸術祭ではアート作品を公開するだけでなく、越後妻有地域の文化をより楽しんでもらおうと、レストランやカフェを運営し、地域ならではのメニューの提案や、食にまつわるパフォーマンスを行っています。

キナーレ(モネ)外観

越後妻有里山現代美術館MoET

そのひとつとして、十日町市本町の「越後妻有里山現代美術館MoET」で「TSUMARI BURGER」を提供しています。毎年三ツ星を獲り続けるニューヨークの高級フレンチ「Jean-Georges(ジャン・ジョルジュ)」本店で、日本人初のスー・シェフを務めた米澤文雄シェフが監修し、地元食材をふんだんに使ったハンバーガーです。

妻有ポークのスペシャルメンチカツ)

TSUMARI BURGER~妻有ポークのスペシャルメンチカツ~
ポテト付き 1350円(税込)

こちらは、現在提供されている去年登場した「TSUMARI BURGER~妻有ポークのスペシャルメンチカツ~」です。サクッとした食感が楽しめる妻有ポークのメンチカツ、キャベツやニンジンの酢漬け、自家製マヨネーズを挟み、ほろ苦いフキノトウのフリットをトッピングしたクセになる味わいのハンバーガーです。オリジナルのバンズにはオニオンとチーズが練り込まれています。

クラフトコーラ

自家製クラフトコーラ 500円(税込)

また、6月上旬から「自家製クラフトコーラ」も提供しています。カルダモン、グローブ、オールスパイス、シナモン、ショウガなど、数種類のスパイスを調合し、ライムがアクセントになった、コーラの原点を彷彿させるような味わいが楽しめます。

販売スペース(コミュニティースペース)

TSUMARI BURGERとクラフトコーラは、越後妻有里山現代美術館MoETの1階、コミュニティスペースで提供しています。ハンバーガーの販売は11:00からです。

店舗情報


越後妻有里山現代美術館MoET コミュニティスペース
■場所:十日町市本町6-1-71-2
■営業日:美術館開館日(火・水曜以外)
■営業時間:10:00~16:00(15:30LO)
※ハンバーガーの販売は11:00~
■問い合わせ:TEL025-761-7749(NPO法人越後妻有里山協働機構)
■大地の芸術祭公式ホームページ:https://www.echigo-tsumari.jp/

関連記事

<越後妻有 大地の芸術祭 2022>新作紹介 越後妻有里山現代美術館 MonET
<越後妻有 大地の芸術祭 2022>新作紹介 まつだい「農舞台」
<越後妻有 大地の芸術祭 2022>新作紹介 松代城周辺
「越後妻有 大地の芸術祭2022」イベントチケット発売中!
インスタ映えで大人気!清津峡渓谷トンネル(十日町市)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る