上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 空き家改修で移住促進 妙高市の民間企業とNPOがタッグ

空き家改修で移住促進 妙高市の民間企業とNPOがタッグ

2022年04月14日 10:15更新

空き家をリフォームして、関東の人に借りてもらい、移住促進につなげようという取り組みが4月、妙高市で始まります。背景には、人口減少と増える空き家、そして、地域衰退への危機感があります。

Still0414_00005

この取り組みは「空き家再生ミッション」と題して、妙高市の山﨑建設が企画したもので、U・I・Jターンを促進するNPO法人はねうまネットワークが協力しています。NPOによりますと、コロナ禍の影響で都会を中心にリモートワークが増える中、妙高市への移住を考える人が増えているといいます。

Still0414_00001

NPO法人はねうまネットワーク 東智隆  代表理事
「20~40代、少し減って50代といった働き世代が、新潟移住に興味を持っている」

Still0414_00003

山﨑建設はその動きを敏感にとらえ、空き家と結びつけました。

山﨑建設 山﨑健太郎 社長
「妙高市は空き家増加、人口減少の問題がある。課題をクリアする」

Still0414_00013

社長の山﨑健太郎さんは、地元ならではの温泉や雪が都会からの移住に大きな魅力になると考えました。早速、スキー場に近い妙高高原の空き家を750万円で購入し、300万円をかけてリフォーム。これを都会からのお試し移住に使う狙いです。

Still0414_00008

山﨑建設 山﨑健太郎 社長
「妙高の雪国生活を体験したい、手軽に触れてみたい人がターゲット。(この物件は)自然落雪で屋根に上る必要がない。簡単に妙高の良さを味わえる」

Still0414_00004

建物は築27年の3LDK、妙高高原駅から徒歩5分、家の前の道路は除雪車が通るため、冬の除雪に苦労はありません。家は、シェアハウスとしての使い方を想定しています。2つの和室をつないで16畳のリビングにし、住人が集まれるようにしました。

Still0414_00006

天井には若者の利用を意識して、プロジェクターを設置、間接照明もあります。また二重窓にするなどして断熱性を高めました。家賃は周辺の1軒家と同じ6万円です。

Still0414_00011

NPOでは、「新潟移住計画」というフェイスブックのグループを運営しています。今回、改修した住宅の情報をタイミングを見て発信し、移住のきっかけにつなげる考えです。

NPO法人はねうまネットワーク 東智隆  代表理事
「日本海から2000メートル級の妙高山まで、(移動時間)30分の中にあらゆる自然がある。その自然も四季折々の顔を見せる。こんな場所はまずない。魅力的に映る」

Still0414_00014

今回の取り組みには、山﨑社長の呼びかけで同業者の妙高建設が協力しています。そこには、人口減少による地域衰退への危機感があるといい、行政だけに任せてはいられないと話します。

山﨑建設 山﨑健太郎 社長
「地域が発展しないと、我々の仕事が必ず衰退する。行政・民間の区分けなく、(危機に)気づいて率先してやる。妙高に関わる人、住んでくれる人を増やすことが大事」

Still0414_00000

賃貸の申し込みなど、詳しいことは4月中に山﨑建設のホームページに掲載されます。

NPO法人はねうまネットワークが運営するフェイスブックのグループ「新潟移住計画」は登録者1500人で、そのうち400人が県内への移住に関心があるということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る