上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 附属小児童 財政を学ぶ 予算案づくりにも挑戦

附属小児童 財政を学ぶ 予算案づくりにも挑戦

2022年01月20日 08:52更新

国の予算や税金など財政について学ぶ特別授業が19日に上越教育大学附属小学校で開かれ、児童が国の予算案づくりに挑戦しました。

Still0119_00003

授業は社会の仕組みを身近に感じてもらおうと、新潟財務事務所が6年生を対象に開きました。講師は事務所の瀬川大昭さんが務めました。

瀬川さんは初めに国の予算について、今年度の歳出総額は107兆円、そのうち44兆円が国の借金にあたる国債でまかなわれていると説明しました。続けて、歳出が増える大きな原因のひとつとして、社会保障による費用がかさんだためだと話しました。

Still0119_00000

この後、児童は国を人口100人の「日本村」に置き換えた予算案づくりに挑戦しました。医療や子育て防衛費などにどれだけ予算を掛けるか、グループごとに話し合って決めます。予算案はタブレットに入力して完成です。

Still0119_00002

6年生
「お金の使い道が色々あって、バランスを考えないといけない」「おもしろいので(政治に)関心がある。大人になったら政治に触れてみたい」

Still0119_00005

新潟財務事務所 瀬川大昭さん
「出身地をどう変えるのか小学生のうちから考えを持つことが必要。これからどうしたいか(具体的に)考えてほしい」

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る