上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 20年ぶりのオーバーホールでクリアな音色に カトリック高田教会のパイプオルガン

20年ぶりのオーバーホールでクリアな音色に カトリック高田教会のパイプオルガン

2021年11月20日 19:23更新

上越市西城町2丁目のカトリック高田教会でパイプオルガンを分解・清掃し、組み立てなおす20年ぶりのオーバーホールが終わり、20日にコンサートが開かれました。参加者はクリアになった音色に耳を傾けました。

Still1120_00011

カトリック高田教会のパイプオルガンは、20年ほど前、当時の主任司祭だったマリオ・カンドゥチ神父がイタリアから譲り受けたものです。

Still1120_00012

毎年、メンテナンスは行われてきたものの、ちりやほこりがたまっていました。こうした中、聖堂では床の張替工事を行なうことになり、合わせてパイプオルガンを分解・清掃し、組み立て直すオーバーホールがことしの夏、20日間かけて行われました。オルガンが聖堂に設置されてからは初めてです。

Still0707_00000-1-2-1024x576ことし7月のオーバーホール

オーバーホールが終わってから初めてのコンサートが開かれ、「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」専属のオルガニストとして14年間活躍した山本真希さんがバッハなどの曲、9曲を演奏しました。山本さんは10年以上前から年に1回、この聖堂のオルガンで演奏しています。

Still1120_00010

オルガニスト 山本真希さん
「以前より音色がクリアになり、美しくなった。だいぶ違います」

Still1120_00015

この日は市民50人のほか、オーバーホールを担当した西岡誠一さんも演奏を見守り、オルガンの音色に耳を傾けていました。

Still1120_00009

参加者
「10年以上、このオルガンの音を聞いてきたが、どことなくスッキリと優しい音色になった」「素晴らしい楽器。マリオさんのおかげです」

伊能 哲大 主任司祭
「オルガンは祈りを豊かにするもの。教会には素晴らしい芸術があることを提供していきたい」

Still1120_00014

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る