上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 風物詩 高田城址公園で樹木の冬囲いはじまる

風物詩 高田城址公園で樹木の冬囲いはじまる

2021年10月22日 11:22更新 - 3か月前

冬を前に高田城址公園で樹木の冬囲いが22日(金)からはじまりました。

Still1022_00008

初日は忠霊塔前の芝生広場で、公園の管理人やシルバー人材センターから派遣された作業員など10人が、ツバキ200本をめどに、竹と縄を使って一本いっぽん丁寧に囲っていました。

Still1022_00009

Still1022_00001

毎年雪が降る前、公園では5600本ほどの樹木を囲っています。昨シーズンは大雪の影響で、囲いが雪の重みに耐えきれず、竹が折れる被害がありましたが、冬囲いをした木々に大きなダメージはみられませんでした。

Still1022_00004

作業にあたった公園管理人の宮﨑直樹さんは「昨シーズンみたいな大雪になっても心配ないよう、冬囲いが(雪で)痛んでも木にダメージがないようやっている。(訪れる人には)冬囲いの造形物を楽しんでほしい」と話しています。

Still1022_00000

高田城址公園では12月上旬にかけてツツジ、ツバキ、サクラなどの木に冬囲いがされます。また11月16日(火)からはブロンズ像の冬囲いもはじまるということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る