上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. 編集部おすすめ
  3. 日本スキーの歴史や文化をわかりやすく伝える「日本スキー発祥記念館」

日本スキーの歴史や文化をわかりやすく伝える「日本スキー発祥記念館」

2021年10月26日 09:52更新 - 1か月前

JCVの生活情報番組「すまいるone」。10月17日~10月23日の放送は「ぶらり上越旅♪~前編~」。上越発祥の地を巡ります。

※番組は上越妙高タウン情報のプレミアム会員でご視聴いただけます。


【日本スキー発祥記念館】

上越で発祥地を巡るうえで外せないのが、皆さんもご存知、日本スキー発祥の地「金谷山」です。

スキー発祥記念館_外観

金谷山にあるのが「日本スキー発祥記念館」です。

スキー発祥記念館_内観

オーストリア・ハンガリー帝国の軍人、テオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐。この地で日本人にスキーを伝授したことで知られています。

レルヒ少佐

レルヒ少佐はなぜ日本、そして高田に来たのでしょうか?

レルヒ少佐はスキーを教えるために来たのではなく、明治38年の日露戦争で大国ロシアに日本が勝ったことを聞いて、日本の軍隊の視察に来ました。

レルヒ少佐の故郷はオーストリアのハンガリー。ロシアは隣り合わせだったため、脅威の存在でした。オーストリアはとても雪深い場所なので、自分の国と同じような気候の土地の視察を希望したのです。これが日本でスキーを指導するきっかけになりました。

レルヒ写真②

レルヒ少佐の伝えたスキー術は、一本杖スキーです。これは、急な斜面を安全に降りてくるための移動手段でした。今のようにスピードを出したり、技を楽しむためのスキーではありませんでした。

スキー板

スキー用具の研究も、上越から始まりました。誰もスキーを作ったことがなく、当時は大工さんなどが制作にあたっていました。作っていたそうです。スキー用具の供給も当時はこの上越が大きな役割を果たしていました。これが後のものづくり産業に発展するのです。

スキー板&ストック

発祥記念館では、さまざまな年代のスキー用具が展示され、その変化を見ることができます。

革スキーブーツ

こちらは昭和40年前半のスキー靴です。革靴を改良したもので、留め具は金属製です。

プラスキーブーツ

昭和40年後半になるとスキー靴はプラスチック製になります。現在のスキーブーツの原型です。

レルヒ写真①

レルヒ少佐は二本のストックを使うスキーも、一本杖スキーも両方滑ることができました。しかし、上越では山の急斜面を安全に移動するための技術として、一本杖スキーを選んで伝えたということです。

現代のスキー板

それが大正時代になると、スキーの競技大会が開催されるようになり、よりスピードを求めて二本のストックを使うようになりました。合わせて用具も進化していきました。

この高田で日本でのスキーの歴史に大きく関わったレルヒ少佐ですが、もう一人、重要な役割を担った人物がいました。

外史像

それが、プロペラのようなヒゲがトレードマークの長岡外史です。 スキー普及だけでなく、飛行機の発展にも尽力したことから“プロペラひげ”と名付けられたとも言われています。

外史は、ヨーロッパに視察に行った時にスウェーデンでスキーをする様子を見学しました。そこで、雪国でスキーがどんな役割をしていたのか、軍隊でスキーがどんな使い方をされていたかを知ります。スキーの重要性を知っていた長岡外史は、高田にやってきたレルヒに出会います。これが日本におけるスキーの始まりとなったのです。

外史写真

当時、高田で配置された陸軍第13師団の師団長だった長岡外史。二人が出会うことで軍隊だけではなく、民間にもスキーが広まっていきました。

ところで、上越高田がスキー発祥地と言われていますが、高田と札幌でどちらが本当のスキー発祥の地かで論争があったことを知っていますか?

スキー発祥石碑

大正から昭和にかけて、どちらが発祥の地として先かという論争がありました。ほかの地域は外国人がやってきてスキーを楽しんだという記録は残っていますが、高田では外国人から日本人にスキーの技術が伝わり、スキーの技術や用具が研究され、一般の人たちに大きく広まっていったことが、ほかの地域と大きく異なる点でした。その点が認められ、その証として金谷山に「大日本スキー発祥の地」の碑が建てられているのです。

スキーがひとつの産業、事柄がここから始まっているのであれば、発祥というのも納得です。

レルヒ像①

 

上越市教育委員会・文化行政課の荒川将さんは「日本スキー発祥記念館は、上越で始まったスキーの歴史や文化をわかりやすく伝えている施設です。多くの皆さまにお越しいただきたいと思っております。ぜひよろしくお願いします」と話しています。

施設情報


日本スキー発祥記念館
住所:上越市大貫2-18-37
電話:TEL025-523-3766
開館時間:4~10月9:00~16:30/11~3月 10:00~16:00
休館日:月曜日・祝日の翌日

※番組は上越妙高タウン情報のプレミアム会員でご視聴いただけます。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2021 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る