上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 在宅ご試食モニター募集
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 佐渡市両津 長安寺の蔵で「十二神将像」見つかる/佐渡テレビジョン

佐渡市両津 長安寺の蔵で「十二神将像」見つかる/佐渡テレビジョン

2021年09月25日 04:00更新 - 3か月前

Still0915_00000

佐渡市両津地区久知河内の長安寺の蔵で11日、薬師如来像を守る神様で、貴重な木造十二神将が見つかりました。

Still0915_00001

これが、長安寺の蔵で見つかった、木造十二神将です。十二神将は、病気や苦しみから人びとを救うとされている薬師如来像を守る神様で、通常は薬師如来像の周りに安置されています。

Still0915_00002

長安寺副住職の大場憲栄さんによりますと、見つかった十二神将は室町時代に作られたものと推定されるということです。老朽化に伴い、分解された状態で長く長安寺の蔵に保管されていたのではないかとみています。

Still0915_00003

この日は、佐渡の文化財の保存を主な目的として活動する佐渡祭祀文化研究所が、国や市の指定文化財が多数保管されている蔵を掃除しながら蔵に眠る物品を調査していました。今回この木造のほかに、蔵の中からは涅槃図や江戸時代からのものとされる経典、以前使われていた仏具なども見つかっています。

大場さんは木造の発見について「市の重要な観光資源になるのではないか」と期待を寄せています。

見つかった十二神将は仏像修復師に修復を依頼し、組み立て、着色を行った後、再び長安寺に保管され、拝観希望があった際に公開されるということです。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2021 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る