上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 上越市長選挙速報
  1. 上越妙高タウン情報
  2. イベント
  3. 明治町家を会場に新しいアート展!「くらしのシルエット展」9月18日(土)から開催

明治町家を会場に新しいアート展!「くらしのシルエット展」9月18日(土)から開催

2021年09月14日 12:08更新 - 1か月前

上越市に残る町家を利活用することで、町家を残していこうという新しい取り組みが始まります。そのひとつとして、上越市戸野目の町家でアートを題材にした「くらしのシルエット展」が9月18日(土)から23日(木・祝)まで開かれます。

くらしのシルエット展フライヤー2107-web-mail用

「くらしのシルエット展」は、明治時代に建てられた上越市戸野目にある町家「こうじや」を会場に行われます。

上越地域で活動するソーシャルデザイナーの池田なつきさんが中心となり、町家で暮らす、または町家エリアで働いている若者5人(上野迪音さん、打田亮介さん、西澤真咲さん、町桃子さん、吉田恵理さん)が撮りためた、日常の写真を展示します。町家が共通点の5人の写真を、同じ町家空間に飾ることで、その暮らしの一端を垣間見ることができるような内容になっています。

企画したのは、空き家の利活用促進に取り組んでいる一般社団法人「雁木のまち再生」です。設立から5年が経ち、新しい取り組みとして「GMS『アート町家』プロジェクト」をスタートさせることになりました。これは、町家を含め、空き家問題が年々深刻化する中、そこに常時住むことは難しくても、町家や空き家をイベント会場や情報発信の場として定期的に活用することで、壊さずに残していこうという取り組みです。そのプロジェクトのひとつとして、今回シルエット展が開催されることになりました。

キュレーターを務める池田なつきさんは「空き家や空き地問題の深刻さは相当根深く、今すでにかなり崖っぷちの状態です。若い世代や町家エリアとあまり接点のない人たちにも興味や関心を持っていただくために、今回はアートという角度から企画を練りました。何を受け取っていただくかは、来場された皆様一人ひとりのアンテナ次第です」と話しています。

また「雁木のまち再生」の代表理事、関由有子さんは「稲田から四ケ所、戸野目には雁木町家の町並みが残っています。江戸時代から高田藩を支えてきた農と結びつきの深い街並みと、独特な町家のつくり。新たな視線でその面白さと、そこから生まれるであろう可能性を味わってください」と話しています。

入場は、感染症対策のため、事前予約・入場時間指定制となっています。下記URLにアクセスして、予約フォームより申し込んでください。


GMS「アート町家」プロジェクト vol.0

くらしのシルエット展
■期間:9月18日(土)~23日(木・祝)
※9月21日(火)休館
■時間:各日共通10:00~16:00(最終入場 15:30)※受付は入場時間の10分前より
■会場:こうじや(上越市戸野目570)
■料金:500円
※入場は事前予約・入場時間指定制です。下記URLより予約してください。
■予約フォーム:https://forms.gle/NGPJaqw8fegzPziV6
■問い合わせ:Eメール gms.artmachiya@gmail.com

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
朝ナビ! 10月29日(金)6:30より配信