上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 2021上越市長選挙 市民の関心は
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 上越市 23~64歳のワクチン接種開始を1か月延期へ 大規模接種センターでは18歳以上の市民も接種可能に

上越市 23~64歳のワクチン接種開始を1か月延期へ 大規模接種センターでは18歳以上の市民も接種可能に

2021年07月08日 18:13更新 - 2か月前

上越市は今月24日から始める予定だった23歳から64歳の新型コロナウイルスワクチンの集団接種を1か月ほど延ばし、来月21日をめどに変更すると8日に発表しました。これは、ファイザー社製ワクチンの供給が制限されているためです。個別接種など、予約の入っている分については予定通り実施します。こうした状況の中、大規模接種センターでは、職域接種だけでなく18歳以上の市民も接種できることになり、8日から予約の受け付けを始めました。

Still0708_00d000

村山市長は記者会見で「ワクチン供給停止ということは無い。ファイザーの数が足らず延期でご迷惑をおかけするが安心してほしい。混乱なく進めたい。今朝の一部の報道(市へのワクチン供給停止)で、市民からも問い合わせがあった。市民一人ひとりが正しい情報で、正しい判断ができるよう協力を賜りたい」と話しました。

23~64歳のワクチン接種開始を1か月ほど延期へ

上越市によりますと接種の予定が変更されるのは、23歳から64歳の集団接種です。今月24日から始める予定だったものを1か月ほど延ばし、来月21日を目途とします。

村山市長
「(ワクチン)希望数よりも少ないものの、一定量は供給されてきている状況。決して入ってこないとか、止められているという状況ではない。市では確実に入ってくる量を見極め、スケージュール調整をして接種を進めている。誤解のないよう理解をお願いしたい」

なお、12歳から22歳までのワクチン接種については従来通りで変更はありません。

Still0625_00014

 国から市に供給されるファイザー社製ワクチンは今月と来月あわせて、4万9000回分あまりです。これを65歳以上の集団接種、介護施設での集団接種、医療機関での個別接種、そして16歳から22歳までの集団接種のあわせて、3万9400回分に割り当てます。

市によりますと、7月に2回あるファイザー製ワクチンの供給は、市が希望した数の5分の1に留まったということです。8月も人口規模で割り当てられる最低量の供給を見込んでいます。

また、個別接種については、おととい6日までに来月10日までの予約をいれた分は予定通り実施されます。ただし、きのう7日からは来月10日までの予約を受け付けていません。8月11日以降の予約は入れることができます。

 

大規模接種センターでの接種 満18歳以上の市民に拡大

Still0703_00001

このほか、大規模接種センターでは、これまでの企業などを対象にした接種を、満18歳以上の市民向けにも拡大します。

ワクチンはモデルナ社製です。8日から予約システムでの受付けがはじまっています。アクセスしたら都合の良い日を選ぶことができます。市ではファイザー社製の供給が制限されていることから、早めの接種を希望する人は大規模接種センターでの接種を勧めています。

村山市長は「個別接種と同様にシステム予約が可能です。本日午後5時から予約を開始。ワクチンはモデルナ製。早期接種を希望される方はこちらで申し込みを」と呼びかけました。

なお今回の変更で、市民のワクチン接種が完了するのは当初の9月末から10月末になる見込みです。

 

上越教育大学も接種スケジュール変更

なお、上越教育大学では、学生と雇用者を対象にした接種をあす9日から始める予定でしたが、これを変更し、今月中に始められるよう調整しているということです。

会場も大学講堂から大規模接種センターに変更になります。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月21日(火)6:30より配信