上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 在宅ご試食モニター募集
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 名立区のブランドウメ「越の梅」の収穫始まる

名立区のブランドウメ「越の梅」の収穫始まる

2021年06月27日 13:03更新 - 5か月前

上越市名立区のブランドウメ「越の梅」の収穫が始まりました。

Still0625_00000

今年はこの冬の豪雪でウメの木が折れる被害があり、収穫量に影響が出ています。

Still0625_00002

名立区では、およそ2ヘクタールの畑で、「越の梅」500本以上が栽培されています。

Still0625_00004

生産者の一人、名立梅栽培組合の副組合長を務める竹田一義さんの畑では、今月20日から本格的な収穫がはじまり、連日、作業に汗を流しています。

Still0625_00001

この冬は、2メートルを超える積雪があり、雪の重みで枝が折れる被害が出ています。後処理で、伐採するしかない木もあり、今年の収穫量は例年の半分ほど、5トンになる見込みです。

傷んだ枝は、収穫のあとに剪定します。例年通りの収量に戻るには、芽が出るまで3年以上かかるということです。

Still0625_00005

竹田さんは「(雪の)被害は想像以上だが、品質は例年より良い。しかし、生育は遅れ気味で、まだ小ぶりのものもある」と今年の梅の出来栄えについて話してくれました。

「越の梅」の特徴は皮が薄く、果肉が多いことです。名立区では、農薬や化学肥料を減らした栽培に取り組んでいて、県の特別栽培農産物の認証を受けています。

竹田さんは「安心安全な部分では名立のウメが一番。収穫後は肥料やせん定をして、県の指導を受けながら(回復に)努めたい」と話しています。

Still0625_00006

ウメは農産物直売所「あるるん畑」で買うことができます。そのほか、市内の酒造会社などに出荷され、梅酒として販売されます。

Still0625_00007

「越の梅」の収穫は、今月いっぱい続きます。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2021 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る