上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. ヒマワリの種から食用オイル!つくし工房が種まき

ヒマワリの種から食用オイル!つくし工房が種まき

2021年06月09日 15:35更新 - 2週前

お日様パワーで6次産業!

ヒマワリの食用オイルを作ろうと、障がい者就労支援施設つくし工房の利用者が7日にヒマワリの種をまきました。 

Still0608_00001

つくし工房では、障がい者の働く場を作ろうと、ヒマワリの種から食用の「ひまわりオイル」を作っています。畑は諏訪地区を中心に2.7ヘクタールあり、5月下旬から種まきを始めました。

210608_つくし工房ヒマワリ種蒔き

この日は、つくし工房の近くにある畑で利用者と職員5人が種を蒔きました。 利用者は「草取りや種の選別が大変」「(オイルを)多くの人に知ってほしい」と話していました。

Still0608_00000

つくし工房では去年「ひまわり日和」という名前で、食用オイルをブランド化しました。それにあわせて、畑の隣りに搾油施設「つくしひまわりステーション」を新設しました。これにより、今まで外部に委託していた製品化を含め、種蒔きから生産・販売までの一貫した体制を整え、農産物の6次産業化を目指します。利用者の働く場も増えたということです。

Still0608_00005

つくし工房 山口和久 副統括施設長は「障がいのある人が作業に携わることで、やりがいにつながり、生活する力が高まる。(ボランティアなどと)世話をして製品化につなげることを通じて、より多くの地域の人とふれあうチャンスになる。地域の人と一緒に取り組めると良い」と話していました。

Still0608_00002

2019年の様子

ヒマワリはこの後、利用者が草取りなどの世話をして育てます。なお、花の咲く時期にあわせ、畑でマルシェなどの「越後ひまわり祭」を開くことにしています。

つくし工房では、ヒマワリを自宅で育てて種を提供してもらうボランティアを募集しています。詳しくはつくし工房までどうぞ。

■問い合わせ:つくし工房  TEL025-520-3294

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 6月21日(月)6:30より配信