上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 地域の人とつながろう!附属小3年生が朝市に出店

地域の人とつながろう!附属小3年生が朝市に出店

2021年05月17日 14:16更新 - 1か月前

お客さんとのふれあいが楽しい!

手作りのアクセサリーやゲームを朝市で売って、地域の人とつながりを持とうと、上越教育大学附属小学校の3年生が17日、上越市の二・七の市に出店しました。

Still0517_00003

附属小学校の3年1組は、この春から朝市について学んできました。その中で、人とのふれあいがたくさんあったことから、自分たちも出店したいという声が高まったということです。

Still0517_00002

17日はニ・七の市に8つの店をかまえ、この日のために作ったアクセサリーや小物を並べました。また、射的や輪投げなどのゲームコーナーもあります。

Still0517_00005

児童は売るだけでなく、通りを歩いて、チラシを配りながら、商品をPRしました。

Still0517_00004

児童は「射的とエコバッグなどを売った。お金の計算ができた」「お客さんがたくさん来て嬉しい。マスクホルダーやマグネットが売れている」「(輪投げの)的の棒の長さを工夫した」「次は四・九の市に出店したい」と話していました。

買い物に来た保護者は「輪投げの一番入りやすいところが0点になっていて、ちゃんと考えられていることに驚いた」「子どもたちの元気が嬉しい。自分も元気がもらえた」と話していました。

Still0517_00006

児童は、商品の売れ行きや客の反応をもとにさらに工夫し、また朝市に出店するということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 6月21日(月)6:30より配信