上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 瞽女18人を描いた貴重な作品 瞽女ミュージアムに5月5日まで展示

瞽女18人を描いた貴重な作品 瞽女ミュージアムに5月5日まで展示

2021年04月17日 04:14更新 - 1か月前

盲目の女旅芸人瞽女18人を1枚の絵に描いた貴重な作品が、上越市東本町1丁目の瞽女ミュージアム高田に展示されています。

Still0414_00000

「あげ石瞽女・神保瞽女一覧」

題名にあるあげ石と神保は、瞽女が暮らした家の名前です。18人はいずれも、明治から昭和にかけて活動した実在の高田瞽女でした。

Still0414_00001

作品は1971年、斎藤真一が描きました。真一は、高田瞽女最後の親方といわれた杉本キクイに出会ってから、およそ10年間上越に通って瞽女を描き続けました。

Still0414_00003

左:斎藤真一  右:杉本キクイ

高田瞽女の文化を保存・発信する会の小川善司さんは「斎藤真一の絵は心象風景を描いていて、鮮烈な赤を使っているのが特徴。これは、杉本キクイがまだ目が見えた頃に、母親におぶられて『夕日が赤い』と言った言葉を受けたもの」と話していました。

Still0414_00004

「あげ石瞽女・神保瞽女一覧」は、かつてTV東京の番組「なんでも鑑定団」で500万円の値が付きました。2011年にコレクターから市に寄贈されたあと、歴史博物館が保管し、公開は2回だけでした。

小川さんは「瞽女ミュージアムにある作品は小さい絵が中心で、これまでこの作品を展示したことはなかった。今回は一番大きなケースに飾ることができた」と笑顔をみせていました。

Still0414_00005 (1)

「あげ石瞽女・神保瞽女一覧」は、来月5日まで瞽女ミュージアム高田で展示されています。ミュージアムではそのほかにも、斎藤真一の作品およそ40点もみることができます。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 5月18日(火)6:30より配信