上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 日吉神社の例祭「山王祭」今年は縮小して開催

日吉神社の例祭「山王祭」今年は縮小して開催

2021年04月16日 10:50更新 - 1か月前

平成28年に県の無形民俗文化財にも指定された新潟県佐渡市新穂地区の「山王祭」。去年は新型コロナウイルスの影響で中止されましたが、今年は感染症対策を実施したうえで12日から執りおこなわれました。

Still0414_00000

この祭りは日吉神社の例祭で、上新穂、下新穂など5つの地域から7つの神輿が神社に集まり、3日間にわたり五穀豊穣などを祈願します。今年は門付けや飲食を中止するなど、規模を縮小して実施されました。

Still0414_00001

 

祭り2日目、13日の夜は雨が降りしきる中、新穂舟下の鬼と神輿が境内に集まり、太鼓の音に合わせて勇壮な鬼の舞が奉納されました。奉納が終わると、神輿が拝殿へと収められます。そして、午後8時をまわると新穂大野の鬼と神輿が境内へやってきました。

Still0414_00003

ちょうちん持ちの子どもたちの威勢のいい掛け声に合わせ、新穂大野の鬼太鼓の舞が奉納されました。

Still0414_00004

腰を低く落として鬼に嚙みつこうとする2匹の獅子と睨みつけて威嚇する鬼が太鼓の音に合わせて舞を見せます。

Still0414_00006

Still0414_00005

そして新穂大野の下がり羽が披露され子どもたちのかわらしい掛け声が、境内にこだましていました。

Still0414_00007

この日は、久しぶりに見る鬼を楽しみに地元の住民およそ40人が見物に訪れ写真を撮るなどしていました。

Still0414_00013

見に来た地域の子どもは「鬼がかっこよかった」と話していました。また、舟下鬼太鼓保存会の田中隆浩会長は「感染対策をしたうえで実施することができた。今年は執り行うことができて嬉しい」と話していました。

 

そして翌14日の本祭は児童による流鏑馬が行われました。

Still0414_00011

今年、射手を務めたのは、新穂小学校3年生の金田涼佑さんと、祖父母のいる佐渡にこの祭りのために訪れた神奈川県の小学3年生の大嶋晴仁さんです。

Still0414_00010

2年ぶりに開催された由緒ある山王祭。今年は規模が縮小されましたが多くの人が伝統の祭りを楽しんでいました。

Still0414_00012

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 5月18日(火)6:30より配信