上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 上越市 福祉施設の新規入所者などにPCR検査費用を助成

上越市 福祉施設の新規入所者などにPCR検査費用を助成

2020年11月19日 16:34更新 - 5日前

上越市は新型コロナウイルス感染症対策として、福祉施設に新たに入所する人などのPCR検査費用を助成することになった。

Still1119_00000

これは、19日に市が発表した12月補正予算案で明らかになった。それによると、PCR検査費用が助成されるのは、介護保険施設や障がい者福祉施設にこれから入所する人、またデイサービスを利用する人のうち、県外在住者との接触で感染のおそれがある人。事業費は2,489万円。助成期間は12月から来年3月15日までで、対象者は月350人を見込んでいる。

助成額は、新たに入所する人は検査費用の全額2万2,000円で、1回のみ自己負担なしで受けることができる。デイサービスの利用者は2万円で、回数制限はない。これは12月議会初日に先行議決される。

Still1119_00001

この他、12月補正予算案の概要が発表された。12月の一般会計補正予算案は約1億6,200万円。コロナ不況のなか、市は新たな経済支援対策を今回の補正に盛り込んでいない。これについて野澤朗副市長は、市内の商工会をまわった感触を踏まえた上で「商工会関係からは、市の経済施策はありがたかったという声が聞こえた。ただ、国の支援が順次切れていく中で、今後それが止まると話が変わってくる。これは今後のことなので、12月はこれまでの対策だけで様子を見る」と述べた。

また、コロナ禍で年度末に債務超過の恐れがある佐渡汽船について、花角県知事が12月中の支援検討を打ち出すなか、上越市として支援するかどうかについて、野澤副市長は「航路の維持について、株主である県と上越市は立場が違う。支援を決める時期的なタイミングもあるので、今後も県と話し合いを続ける」と話した。

Still1119_00003

19日の定例記者会見では、初めて手話通訳士が副市長のとなりに立った。市では今後、年5回ある会見で設置する方針で、その模様を市のユーチューブチャンネル上で発信することにしている。⇒ 上越市公式ユーチューブチャンネル

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月25日(水)6:30より配信