上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 古志野実が描いた未明童話展 小川未明文学館で開催中

古志野実が描いた未明童話展 小川未明文学館で開催中

2020年10月17日 13:04更新 - 2週前

未明童話のアニメーションで作画を担当した画家 古志野実さんの原画展が、小川未明文学館市民ギャラリーで開かれている。

Still1012_00004

古志野実さんは島根県の出身、6年前に65歳で亡くなった。未明童話「殿さまの茶わん」「月とあざらし」「負傷した線路と月」の三作品のアニメーション化で、水彩画を描いた。

Still1012_00000

 

会場にはアニメに使われなかったものも含め、原画100点以上が展示されている。

Still1012_00001

「殿さまの茶わん」

Still1012_00002

「月とあざらし」

Still1012_00003

「負傷した線路と月」

このほかアニメーション3作品も見ることができる。原画はアニメだけでなく、未明童話の絵本にも使われた。

Still1012_00006

上越市では、古志野さんの絵をみて童話の情景や未明のメッセージを感じてほしいと話している。古志野実が描いた未明童話展は、来月29日まで小川未明文学館で開かれている。

Still1012_00005

また今月25日(日)午後1時30分からは、ボランティアによる未明童話の読み聞かせが開かれる。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月2日(月)6:30より配信