上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 春日新田小3年生 「ボッチャ」でバリアフリーの精神学ぶ

春日新田小3年生 「ボッチャ」でバリアフリーの精神学ぶ

2020年10月09日 19:31更新 - 7か月前

バリアフリーの精神を学ぼうと、上越市立春日新田小学校の3年生が9日、東京パラリンピックの正式種目「ボッチャ」に挑戦した。

Still1009_00000 (2)

春日新田小学校の3年生は総合学習で「どんな人にもやさしいまちをつくろう」をテーマに学んでいる。3年生の古海恭子教諭は「今後バリアフリーを学ぶ中で、誰でも出来る、誰にでもやさしいという視点から、ボッチャが誰でも出来ることを体感してほしい。バリアを作っているのは私たち自身、それを取り除くためにも子どもなりに学んでほしい」と話す。

Still1009_00004 (1)

 

ボッチャは障がいのある人と健常者がいっしょに楽しめるスポーツ。ルールはジャックボールと呼ばれる目標の球に向かって、対戦チームが交互にボールを投げる。最終的にジャックボールに近い色のチームが勝ちとなる。

Still1009_00003 (1)

児童はまず上越市社会福祉協議会から福祉とはどういうものか話を聞き、ルールについて学んだあと、グループごとに分かれてクラス対抗戦を楽しんだ。児童はボールが思った以上に重いと話しながらも「病気の人とか子どもでも遊べるゲーム」「障がいの人でも普通の人でも誰でもできる」と競技の醍醐味を感じ取っていた。

Still1009_00002 (1)
3年生は来週13日(火)高齢者の視覚体験や車椅子体験も行う予定。また3学期には、地域にあるカルチャーセンターの改修にあわせてバリアフリーに必要なユニバーサルデザインを提案するという。

Still1009_00005

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 5月18日(火)6:30より配信