上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 飛田テック 鉄スクラップ1万6,000トンをバングラデシュへ

飛田テック 鉄スクラップ1万6,000トンをバングラデシュへ

2020年09月30日 18:17更新 - 1か月前

上越市の直江津港で、鉄スクラップを輸出するための積み込み作業が進められている。その量は実に1万6,000トン。

Still0930_00003

大型船に次々と積み込まれていく鉄スクラップ。輸出先はバングラデシュ。

作業は28日から始まり、上越市の飛田テックが請け負っている。今回積み込む量は1万6,000トン。1社単独で扱う量としては、新潟県近隣港の日本海エリアでは初めての規模ということ。バングラデシュではスクラップの需要があり、鉄筋などにする製鋼原料として加工される。

Still0930_00001

飛田テックでは4年前にも1万3,000トンの鉄スクラップを1隻で輸出した実績があり、当時は県内初めての量だった。積みこみ作業は約2週間かけて行われる。

飛田テックでは「今回の実績によって直江津港が国際港としてさらにアピールできた。今後も地元の活性化につながれば」と話している。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月2日(月)6:30より配信