上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 八千浦小児童 火力発電所の梁に絵描き

八千浦小児童 火力発電所の梁に絵描き

2020年09月25日 15:59更新 - 1か月前

上越市八千浦で建設が進められている東北電力上越火力発電所1号機の建屋で、上越市立八千浦小学校の児童が梁になる鉄骨に絵を描いた。

Still0925_00001 (2)

鉄骨に絵を描いたのは八千浦小学校の児童96人。鉄骨は4本あり、長さ13m、高さ60cm。

Still0925_00000 (2)

 

25日は6年生41人が地元八千浦の海や桜などを描いた。

Still0925_00003 (2)

6年生の松野太陽さんは「八千浦小のマスコットキャラクター『あらしおくん』と『でんしおくん』を描いた。八千浦小が来て絵を描いたことを、これを見たときに思い出してもらえたら嬉しい」と話していた。

 

Still0925_00005 (1)

また前日の24日には、1年生と2年生が「太陽」と「虹」をテーマに絵を描いた。

Still0925_00004 (2)

 

絵を描いた鉄骨は、発電機やタービンなどを収める本館建屋の屋根を支える梁になる。設置場所の高さは20メートルほど。Still0925_00007

東北電力では梁の絵を隠さず、発電所のシンボルとして施設見学などで見られるようにする。建屋への設置は10月の予定。

Still0925_00002 (2)

上越火力発電所建設所の石塚智副所長は「建設の一端を感じてもらう機会にしたい。また今年はコロナ禍で行事が少なくなっているため、小学校の思い出作りにもなれば」と話していた。

 

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月2日(月)6:30より配信