上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. テレワークを生かすには 働き方改革進んでいますか?

テレワークを生かすには 働き方改革進んでいますか?

2020年09月17日 09:52更新 - 4日前

・オフィスのレイアウトは10年前と変わっていない
・パソコンはデスクトップを使っている…

もしあなたの会社がこれらの項目に該当すると、働き方改革は進んでいないかもしれない…。
いわゆるテレワークをどのように業務に生かしたらよいか、経営者に考えてもらうセミナーが16日、上越市で開かれた。

Still0917_00007

このセミナーは上越市、妙高市のIT企業などでつくるORAJA・上越地域活性化機構が開いた。テーマは、コロナ禍で首都圏を中心に導入が進んでいるテレワーク。講師は法人向けのシステム事業を手がける日本ヒューレット・パッカードの元・総務部長、髙山源一さんだ。

Still0917_00001

髙山さんは、総務の仕事で30年ほど前からリモートワークを取り入れていたことを紹介した。実現できた理由は、フレックス制度であったこと。また、パソコンメーカーということで、ノートパソコンを持ち出せたことだ。そのうえで、テレワークの導入は新型コロナの影響に関わらず、働き方改革そのものだとした。

Still0917_00002

髙山さんはテレワークのメリットとして、「例えば家で洗濯をしていて、天気がいいのでもう少し干したいと考えたとき、出社時間が決まっていると〝遅刻になる〟と感じることが、精神的苦痛になる。まずこの痛みを外す必要がある。そうすると仕事の時間は減るが、会社に行かなければ通勤時間を仕事に使えるので(結果的に)プラスになる。会社の場所に固執せず、環境を作ることが大切」と話す。その上で、大切なのは新卒でも中途採用でも社員を信じて仕事を任せることだと話した。これができないとテレワークは続かず、社員全員が出社、逆戻りになるという。

Still0917_00004

また、社員自身にも仕事への向上心が求められる。このほか、働き方改革のチェック項目あげ、どの程度改革が進んでいるか投げかけた。

Still0917_00005

髙山さんは「通信網が整い、パソコンの性能も良くなっている。社員が(今より)5倍、10倍の時間を仕事に使えるように考えてほしい」と話した。

Still0917_00003

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月23日(水)6:30より配信