上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 食堂ニューミサ「冷凍ミソラーメン」発売中!

食堂ニューミサ「冷凍ミソラーメン」発売中!

2020年08月09日 09:02更新 - 2か月前

あの味をお家でも!

ミソラーメンが人気の上越市中郷区の食堂ニューミサは、ミソラーメンを完全冷凍化して、店頭とネットで販売をはじめた。冷凍化にはラーメン店オーモリ本店がノウハウを提供した。

Still0806_00000 (1)
ニューミサの冷凍ミソラーメンは手打ち麺160g、ひき肉入りのスープ650g、そしてニューミサの味に欠かせないすりおろしニンニク、ごま油も冷凍になっていて、1人前税込1,000円。この商品にはミソラーメンに欠かせない玉ねぎスライスともやしが入っておらず、購入者が用意することになる。


Still0806_00005Still0806_00002

先ごろミシュランプレートに掲載されたニューミサでは、新型コロナによるステイホームが呼びかけられ、外食産業が低迷するなか、独自で冷凍化できないかを模索していたが、一定の保存期間や味の再現が難しかったという。そうした中で冷凍化の実績があるオーモリ本店が技術を提供すると申し出たことから、販売にこぎつけた。オーモリの製造部門では、1年以上前から自社ラーメンを冷凍化、Yahooでオンライン販売している。

Still0806_00004Still0806_00003

オーモリ本店の佐藤さや香さんは「オーモリの冷凍製品はコロナ禍で帰省できない人から『お店と同じラーメンが食べれてよかった』との声が多数あった。同じ老舗のニューミサのミソラーメンを届けられたらもっと喜ばれると思い、製品化の話をもちかけた。色々な事情でお店に直接来れない人にご利用いただければ」と話す。

 

オーモリのサポートを受けて、ミソラーメンの賞味期限は30日間に。検査などの品質管理もでき、より安全な商品を提供できたという。もっとも重要な味の再現ではニンニクやゴマ油をスープと別パウチにしたことで、風味が失われず、家庭でも店の味そのままに食べることができる。

Still0806_00001

食堂ニューミサの上田幸子さんは「ありがたい話で感謝でいっぱい。私たちが製品化にあたって譲れなかったのは同じ味であること。自分の店のものだが非の打ち所のないものに仕上がったと思う。誰でもニューミサのラーメン作れるという至福感を持って年代問わず楽しめること間違いない」と太鼓判を押す。
ニューミサの冷凍ミソラーメンは中郷区の店のほか、オンラインのオーモリラーメンYahoo店で購入できる。なおオーモリ本店のホームページでは注文方法、作り方などの動画も案内している。

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 10月2日(金)6:30より配信