上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 改築された春日神社で結婚式 参列者絞りコロナ対策

改築された春日神社で結婚式 参列者絞りコロナ対策

2020年06月14日 19:03更新 - 2か月前

ことし春の改築工事で社殿が200年ぶりに新しくなった上越市の春日神社で14日、結婚式が開かれた。

Still0614_00010

春日神社で結婚式を開いたのは、上越市大豆に住む郵便局員の池本誠也さん(37)と、北本町に住むソーシャルワーカーの髙原優美さん(32)。2人は春日神社の石段90段を1段ずつ上り、式の会場となる社殿へ向かった。

Still0614_00017

式には当初40人ほどを招く予定だったが、新型コロナウイルス対策で密集を避けるため、両親やきょうだい約20人に絞った。式では指輪の交換が行われ、参列者が見守った。

Still0614_00005

Still0614_00004

新郎の池本さんは春日神社の氏子でもあり、結婚式をするならこの春、200年ぶりに改築された春日神社と決めていた。

Still0614_00003

池本さんは「新鮮な気持ちでうれしく思った」。新婦の髙原さんは「コロナの影響でどうなるかと思ったが、無事に式ができてよかった。2人仲良く明るい家庭でいたい」と喜んだ。

Still0614_00009

宮司の風間常樹彦さんによると毎年、春日神社で結婚式を挙げるのは2組ほどで、池本さんと髙原さんは改築後、2組目だった。風間さんは「仲良く過ごしてほしい。大事な氏子でもあるので、神社を守ってもらえるとありがたい」と幸せを願った。

Still0614_00011

披露宴はこの日の予定だったが、ウイルス対策のため1年後に延期された。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 8月5日(水)6:30より配信