上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 隣家が火災 親子が初期消火で延焼防ぐ

隣家が火災 親子が初期消火で延焼防ぐ

2020年03月24日 10:35更新 - 1週前

先月、上越市寺町の住宅で発生した火災で、隣に住む父子がいち早く初期消火にあたり、延焼を防いだとして22日、上越南消防署から感謝状が贈られた。

Still0324_00003

感謝状が贈られたのは寺町2丁目の大坪敏英さんと長男、克也さん。2人は、先月24日午後8時頃、隣家から火が出ているのに気付き、自宅の消火器を持って駆けつけた。結果、迅速な父子の対応で火事はぼやで済んだ。消防も駆けつけたが、放水は行われなかった。

克也さんによると「最初誰か叫んでいるなと思って窓を見たら赤くなっていた。住民が『助けて。消防車呼んで』と叫んでいたので119番通報をした」という。

大坪さん宅は普段から消火器を2本置いてあり、克也さんが通報している間に敏英さんが消火器を1本持ってパジャマのまま隣家に向かった。敏英さんは「燃えてる最中の現場は初めて。熱さと煙がものすごかった。火を見て一瞬ひるんだ」と当時の状況を話す。

その後消火器1本を噴射して火元を消火したが、火は布団に燃え移り、克也さんが小型の消火スプレーをかけた。その間に敏英さんが再び自宅に戻り、もう1本の消火器を持ってきて火を消した。敏英さんは「消火器があんなにすごいものとは思わなかった」と話した。

Still0324_00001

22日は、上越南消防署の宮﨑和浩署長から感謝状が手渡された。宮﨑署長は「住宅密集地が多いこの地域で、火災の拡大を未然に防いだことは地域の安全に大きく貢献した」と2人の勇気ある行動を称えた。

Still0324_00002

続けて同町内会の新保敬儀会長からも感謝状が贈られた。克也さんは「消火器が家にない人は置くよう徹底してほしい」と呼びかけた。

ご覧の記事の内容は2020年3月24日(火)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 3月24日 19:00~3月30日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 4月6日(月)6:30より配信