上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. こんな時代もあったね なつかしい昭和の切り絵展

こんな時代もあったね なつかしい昭和の切り絵展

2020年03月01日 19:02更新 - 9か月前

昭和20年から30年頃の日常を描いた切り絵の作品展が、上越市国府1丁目の五智歴史の里会館で開かれている。 

 Still0301_00006

描かれているのは直江津駅前にあったいかや旅館や頸城鉄道の蒸気機関車。草野球やゴム飛びで遊ぶ子どもたち。さらにいろりを囲む家族や石炭を使うダルマストーブ井戸の手押しポンプなどどれもかつて直江津で普通に目にすることができた光景だ。

Still0301_00004

Still0301_00001

これらを制作したのは石橋2丁目の西山英夫さん72歳。

Still0301_00005

西山さんは定年退職を機に独学で切り絵をはじめ、自身の記憶や古い写真をもとに200点ほどの切り絵を作ってきた。今回展示されているのはこの1年間に作りためた新作54点。

Still0301_00003

切り絵は通常白と黒で表現しますが西山さんは多彩な色や模様が入った和紙を使い、ぬくもりのある懐かしさを表現している。

Still0301_00002

イメージ通りの和紙を苦労の末探し出し、思い通りの作品に仕上がるのがうれしいと話していた。

 西山さんは「全てこの景色はなくなりました。今は便利になりすぎて人情もない。この時代はみんな助け合って仲良く暮らしていた。年配の方に思い出してもらい喜んでもらいたい。」と話している。

切り絵展 昭和の風物詩「消えかけた思い出がよみがえる」は、3月31日まで居多神社向かい五智歴史の里会館で開かれている。

 

ご覧の記事の内容は2020年3月3日(火)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 3月3日 19:00~3月9日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月30日(月)6:30より配信