上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 全中クロカン2冠の妙高高原中 池田遼一さんが結果報告

全中クロカン2冠の妙高高原中 池田遼一さんが結果報告

2020年02月20日 19:02更新 - 1か月前

今月開かれた全国中学校スキー大会の男子クロスカントリー競技で、妙高市立妙高高原中学校3年の池田遼一さんが2冠を達成し、19日に入村市長に報告した。  
Still0220_00009全国中学校スキー大会は2月初旬に長野県で行われた。妙高市からは8人の選手が出場し、そのうち妙高高原中学校3年の池田遼一さんが男子クロスカントリーの5㎞クラシカルと5㎞フリーで優勝。2冠を達成した。個人距離競技の2冠は大会史上4人目、県勢としては初めての快挙。Still0220_00011この日は出場した選手全員が入村市長を訪ね、結果を報告した。このうちスペシャルジャンプで7位、ノルディック・コンバインドで3位に入賞した妙高中3年の山川伶欧さんは「目標としていたコンバインド優勝とはならなかったが、表彰台に登れてよかった。高校でも競技を続けインターハイ優勝を目指す」と今後の目標を語った。Still0220_00010選手たちの報告を聞いた入村市長は「素晴らしい成績を残してくれた。皆さんの足跡が後に続く人たちの力になる。その姿勢が地域全体を元気にする。是非頑張ってほしい」と今後の活躍に期待していた。Still0220_00012池田さんは「まだ優勝して嬉しい気持ちが残っている。2年前に言った目標が達成できたので良くやったなと思う」と話し、勝因については「誰にも負けない気持ちをレース前から作っていたので、勝つことができた」と振り返った。池田さんは来年度から長野県の飯山高校への進学が決まっている。目標はインターハイ、国体での優勝だと語っていた。Still0220_00013同じく妙高高原中2年の宮下美幸さんは、女子クロスカントリーの2.5㎞クラシカルとフリーに出場。今シーズンを振り返り「県大会では10位で悔しかった。全国大会では入賞を逃したものの県勢では2番目をとることができた。来年は両種目とも出て全国大会での入賞を目指す」と話していた。   

ご覧の記事の内容は2020年2月20日(木)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 2月20日 19:00~2月27日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中